血栓を溶かす?小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPAの効果とは?

(見出し1:小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPAのナットウキナーゼに注目!)

小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPAにはナットウキナーゼと呼ばれる成分が使用されています。
ナットウキナーゼとは、みなさんが普段食べている納豆から抽出した成分のことです。
このナットウキナーゼが動脈硬化に高い効果を発揮します。

動脈硬化になると血液がドロドロになり、血栓という血の塊ができやすくなります。
血栓ができると血流が途絶えてしまうため、心筋梗塞や脳梗塞といった病気を引き起こします。
また、血管が破れてしまう場合もあるので注意が必要です。

小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPAに配合されているナットウキナーゼには血栓を溶かす作用があります。
血栓が溶ければ血液の流れがスムーズになるので、心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクを軽減できます。
しかも、小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPAはナットウキナーゼの配合量が豊富です。

日本ナットウキナーゼ協会では1日2000FUの摂取を推奨していますが、小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPAなら簡単にこの量をカバーできます。
なんと1粒に1日の摂取量目安である2000FUが含まれているんです。
1日1粒飲むだけで1日に必要な量を摂取できてしまうので、納豆を普段食べない方にこそいいかもしれませんね。

(見出し2:ナットウキナーゼだけではない!DHA・EPAも一緒に摂取できる!)

小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPAの有効成分はナットウキナーゼだけではありません。
青魚に多く含まれる血液サラサラ成分のDHA・EPAも配合されています。
DHA・EPAには血液をサラサラにして、動脈硬化の原因であるコレステロールや中性脂肪を下げる効果があります。
さらに花粉症やアレルギー、高血圧など様々な健康効果が期待できるので、日頃から摂っておきたい成分の1つです。

ただ、魚を毎日食べるのは難しいですよね?
DHA・EPAは加熱すると簡単に壊れてしまうので、生で食べないといけませんし・・・。
小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPAなら無理をしなくても手軽にDHA・EPAを摂取できます。

(見出し3:動脈硬化を効果的に改善する小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPAの使い方)

小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPAで動脈硬化を予防・改善したい場合、使い方を少し工夫した方がいいと思います。
ナットウキナーゼの配合量は申し分ないのですが、DHA・EPAの配合量が他社製品と比べると少ないので、食事からも極力摂りましょうね。
そして、必ずしないといけないのが食事や生活習慣の見直しです。

小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPAだけに頼っていては、動脈硬化は予防・改善できません。
サプリを飲むのも大事ですが、まずはコレステロール・中性脂肪・高血圧を下げる生活を心がけてください。
食事や生活習慣を改善しないと小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPAの本来の効果を得ることは難しいです。